がん自由診療ってご存知ですか?

がん自由診療

がん治療に関しては、どんな治療があるのでしょうか。
がんの標準治療(外科手術や放射線療法など)以外に、先端医療というがん治療法があります。

先端医療の中の、主なものを説明すると、
1 免疫療法
人間の血液中のリンパ球の中に存在している、NK(ナチュラルキラー)細胞を、活性化して、癌細胞を攻撃して、破壊する療法。
2 がん粒子線治療
水素や炭素などの原子イオンを、特殊な加速器で光の速度まで加速して、癌の病巣に照射する。
狙い撃ちできるので、他の健康な細胞への影響が少ない。
3 ロボット手術
最新の手術支援ロボットを利用した、外科手術。
手術中の出血量が少ない、傷口が小さい、術後の痛みが少ない、体調の回復が早いなどがある。
4 分子標的薬
細胞増殖に関連する物質を標的にし、癌細胞の増殖を抑える。
正常な細胞の増殖も抑えてしまうが、細胞を殺すことは無いため、通称(殺さない抗がん剤)と呼ばれる。
一般には、人体の免疫細胞には、悪い影響を与えない。
などの、先端医療があります。
しかし、医療知識が少ない私たちでは、自分のがん治療に合う、治療方法を見つけることがむずかしいでしょう。
そんなときには、がん治療設計の窓口さんに相談しては、どうでしょうか。

こちらのがん治療設計の窓口さんでは、患者さんが、自身に合った治療方法を組み合わせて、自分で、治療設計を立てられるよう、様々な治療方法を提案しています。
これで、自分で治療法を決めて、癌が完治できますね。

投稿日: